自分でできる簡単更新!オリジナルのホームページ制作ならkayokiseki-design

  

Facebookページのリーチ率

Facebookをビジネスに使う時、一般的にFacebookページを作るものだとされています。実際お客様からも「みんなやっているけれど、やるべきかどうか」という相談を受けます。さて、みなさんはどう答えますか?


FacebookはSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の中でも、新たなサービスを次々に打ち出したり、UI(ユーザーインターフェイス)を変える性質があります。特に株式上場してからは、利益主義へ体質を大きく変えようとしています。実際課金していないFacebookページからの投稿のリーチ率(タイムライン出現率)はかなり厳しいものがあります。もしかするとまだ「すべての投稿はいいね!をしてくれている人に届いている」と思っている方もいるかもしれません。


今回はFacebookページのリーチについて独自に調べた結果と、「リーチ率をあげるのであればお互い商売なのだから広告費はかけよう」というFacebookの考えは言われてみれば確かにその通りですので、その方法について紹介します。

[広告]


Facebookページのリーチ率は16%程度と言うのがFacebookの発表です。もしあなたがFacebookページのオーナーで「投稿はすべてファンに届いている」と思っていたのなら、「残念ですが16%です」と言いたいところですが、実際はそうではありません。もっと現実は厳しいです。


今回わたしは事情があってFacebookをしばらく放置していましたので、ちょうど調べるにはいいかなぁと思い、手作業でリーチ率を調べてみました。気になっていてもなかなかそれをしたことはないですよね?ということで、これは結構みなさんの興味の湧くところかと思います。結論から言うと、「リーチ率は16%程度」は嘘ではありません。16.9%でした。


ただし!!


一所懸命毎日商売をされてFacebookページを何とか時間を作って更新しているオーナーさんは、あまり考えたことがないかもしれませんが、Facebookページというのは世界中で何万と存在し、毎日1投稿のページもあれば毎日何十投稿しているものもあるんです。またファン数(いいね!している人数)も何十人規模から何万人規模まで幅広いですし、シェア数、コメント数など含めたら、弱肉強食の世界であります。


調査期間は3/22からニュースフィードを遡ることのできる10日前の13日までの10日間です。わたしのニュースフィードをひたすらに手作業で遡るというアナログな調査方法です。アクティブユーザーの定義は「月に1度ログインするユーザー」ですから、まだマシな10日に1度ログインするユーザーのニュースフィードはこうなっていますといういい例となりました。


まずは百聞は一見に如かず。まとめた表をご覧ください。表の上側が3/22で下側が3/13という感じでまとめました。タイムラインを表にそのまま移したと思ってくださいね。「ページ名」はFacebookページの頭文字を取っています。「状況」は、わたしがいいね!しているページかどうか。「広告・通常」は広告投稿か通常投稿かです。※広告投稿についてはのちほど説明します。

ニュースフィードリーチ状況

ここでFacebookのニュースフィードのアルゴリズムについて書き記しておく必要があります(2015/3現在)。

1.そのアカウントとの関係性の密度が投稿への関与の度合で計られており、シェア>コメント>いいね!の順番で価値が高い。

1.閲覧日により近い投稿を多く表示、古い投稿を間引く。10日より前の投稿はニュースフィードでは閲覧不可能。

1.いいね!しているFacebookページよりも広告を出しているFacebookページが上位。


改めて表を見てみてください。いいね!しているFacebookページの広告>いいね!しているFacebookページの通常(第一群)>いいね!していないFacebookページの広告>いいね!しているFacebookページの通常(第二群)となっています。


ではここでもう一つ表を作りました。ニュースフィードにリーチしている上記のページは、どういうFacebookページなのかです。「投稿数」はこの10日間の投稿総数、リーチ数はわたしのニュースフィードでカウントできた投稿数です。そこからリーチ率を出しています。ちょっと青ざめませんか?

Facebookページリーチ率

特に多くリーチしたAとBは、この通り10日間でそれぞれ300(数えられないので概算ですがおそらくこれ以上)と39投稿しているファンも非常に多い大手のFacebookページです。つまり弱肉強食の強食のほうですね。では弱肉はどうなのかというと、DとPが個人店のFacebookページで健闘しています。これはどういうことかというと、Dは投稿を広告しているそうです。Pは最近わたしがいいね!したばかりのFacebookページです。つまり「いいね!しているFacebookページの通常(第一群)」は、課金しているか、ユーザーとの関係性の密度が高いためリーチしているページで構成されています。


セルに背景色をつけていないFacebookページは、相当以前にいいね!したもので、ニュースフィードに現れたページと、現れないページの中でも特にわたしが見たいと思っているFacebookページを、わざわざいいねしているページ一覧からアカウントを探して個別のページに飛んだ上で、いくつ投稿しているのか調べたものです。実際Facebookを使っていて、個々のFacebookページに覗きに行くなんてことはありませんよね?ですから見たいFacebookページなのに、まったく見ていないわけです。


PEはほぼ毎日投稿しているのに、たった1投稿のみしかリーチしません。さは、2日に1度投稿しているのに、まったくリーチしません。この現実に愕然とします。確かに全体で見ればリーチ率16%です。でも0%のFacebookページの方が圧倒的に多い。実はわたし、この表に載せてませんけれど全部で71のFacebookページいいね!しているんです。


ですからその労力、はっきりいって無駄です。毎日違う内容を読み手を意識して書いているその投稿、ログインしないから見ないのであれば諦めもつこうというものですが、そうではなくニュースフィードにほとんど出現すらしていないんです。慈悲はないのでしょうか、Facebook…。


と、ここまで来て最初に言ったように、「リーチ率をあげるのであればお互い商売なのだから広告費はかけよう」というところに結論づけるのですが、Facebookの回し者ではありません。個人的にはあまり魅力を感じません。しかし日本においてFacebookページを持っているということはひとつの信頼感である面は否めませんので、ならば持った方がいいでしょうし、どうせ運用するなら、リーチ率0%で見られもしないよりは課金してリーチ率を上げた方がいいと思う、これは商売人としては真っ当な考え方だと思います。


ということで、現在リーチ率の上げ方は2通りあります。

もっとも簡単なのは、投稿のしたあとに表示される【投稿の広告を出す】ボタンをクリックして進む方法です。投稿単位でリーチ率を上げることができます。

投稿を宣伝する


もうひとつの方法が、簡単で効果的なFacebook広告ページの「広告を作成」から入る方法。

目的に応じて、投稿以外にもいろいろなリーチアップに繋がります。例えば「ウェブサイトでのコンバージョンを増やす」を選ぶと、

Facebook広告


宣伝したいホームページのURLを入力するインプットが現れます。入力して「次へ」をクリック。

Facebook広告


するとリーチするターゲットを年齢・性別・国・趣味・関心などで細かく設定できますので、新聞折り込み広告よりももっとしぼって宣伝できるんですね!昨今の新聞購読率を考えると、若年層ターゲットならこの方がよさそうです。

次に予算を決めます。かける予算を入力すると、右側に1日の推定リーチ数が表示されます。これを目安に予算を設定します。【注文を確定する】をクリックすれば完了です。(クレジットカード決済になるので、クレジットカード所有が条件です)

Facebook広告


実際にFacebookページ広告で何がどのくらいレスポンスあるのかは、地域制や業態によって変わってくるでしょうが、リーチ率0%を毎日投稿するのであれば、ここぞという内容を課金して投稿するほうがいいと現在は思います。※くれぐれも、わたしは回し者ではありません(汗)

[広告]

モバイルフレンドリーが検索優位に! ブログTOP スピードプラン【クリニック向け】のデザイン更新
Hotentry
Blog Post
クリックして上に戻る