自分でできる簡単更新!オリジナルのホームページ制作ならkayokiseki-design

  

SoyCMSとInquiryのインストールのコツ

最近以前より注目されるようになってきたかな?SoyCMS。テンプレートが豊富に揃っているわけではないので、HTML・CSS・JavaScriptなど使ったホームページを構築できないとその威力は分からないのですが、逆にそのスキルがあってWordpressなどで表現の幅が狭まったとお悩みのデザイナーさんには、ぜひ試して欲しいCMSです。


前々からまとめようと思っていたエントリーです。最近は「簡単インストール」を提供しているサーバもありますが、Verが古いケースがあります。簡単なのでぜひ自力でやってみてくださいね!

[広告]

まずどのサーバーでSoyが動作するかは

SOY CMS 公式サイト - 簡単便利で自由自在なオープンソースマーケティングプラットフォーム、無料で公開中

で紹介されています。フォーラムでよく見るのは、さくら、ロリポップ、エックスサーバー、このあたりが多いようです。

以前使っていた某CMSに比べるとSoyははるかに軽く、通常の法人サイトであればデータベースが使えるプランの中で一番お安いプランでいいと思います。わたしはロリポップを使っており、クライアントから相談を受けたときもロリポップをお勧めしているので、ロリポップでのインストール時に気をつけるポイントも含めてご紹介していきます。


まずサーバーを契約しデータベースを開設したらインストール…と行きたいのですが、ロリポップの場合はもうひと手間加えておく必要があります。そうしないとインストールしてログインしようとすると、「403エラー ※指定されたページ(URL)へのアクセスは禁止されています。」というページに飛ばされてしまいます。

※指定されたページ(URL)へのアクセスは禁止されています。


これはロリポップの不正アクセスを防止するための機能が、PHPで動作するCMS(SoyだけでなくWordpressでも)と相性が悪いためです。管理画面の「WEBツール」の「WAF設定」で、関連するURL(www.なども)をすべて無効にします。

ロリポップWAF設定解除


前準備が整ったら、FTPでホストサーバーにアクセスし、名前はなんでもよいのでフォルダを作ります。(ここでつけた名前がURLに関係することはありません。他にもいろいろアップロードしたい方は、誤って削除しないようにSoyCMSとすぐにわかるような名前がいいでしょう。)


その新規フォルダの中に、SoyCMSサイトからダウンロードしてきたSoyCMSの中の5つのフォルダをアップロードします。わたしはFFFTPを使っていますが、一度にアップすると停止することが多いのでひとつずつあげています。面倒だと言う方は、commonとsoycmsが重いので、ほかの3つはセットでも大丈夫かも。


今さらですがインストールマニュアル(PDF, 1500KB)|SOY CMS 公式サイトは必ず読んでくださいね!このエントリーは補足事項と思ってください。ということで、初回ログインと新規サイトの作成の説明は省きますので、作ってきてください。その際注意していただきたいのは、新規サイトのIDはURLに関係してきますので、ちゃんとしたID名をつけましょう!


新規サイトを作ってからFTPを更新すると、このように同じ階層に新規サイトにつけたID名のフォルダが出来ています。


これも今さらですが、わたしはローカルでDreamweaverであらかた制作してからSoy上に流し込むという手法で作っていますが、その時のコツとしてSoyCMSの階層構造を守って作ると作業が速いです。

index.html
 ├ css
 ├ files *1
 ├ image *2
 └ js

*1 ブログ記事画面でアップロードした画像はここに入ります。

*2 一般に画像フォルダはimgやimagesという名前をつけるケースが多いですがimageです。

Soy上の挙動を確認したい時、ローカルでXamppに入れたSoyで作ることもあると思います。そういう場合は、次回エントリーの「サーバー移管」を参照してください。


ということで、サイトIDのフォルダを開くとこのようにフォルダが出来ています。ローカルで構築したサイトの情報もろもろを上書きアップロードしていきます。その他にも例えばbxsliderフォルダとか任意に作ったフォルダがあればあげていきます。

なおここにあげたフォルダは、SoyCMS内の「ファイルアップローダー」や、cssフォルダならばページ作成画面の「css」ボタンからアクセスして修正可能ですので、いちいちローカルで上書きしたものをFTPでアップロードしなおす作業はいらなくなります。


これでできた!とサイトを見に行かないようにしてくださいね!!次にやっておかねばならないことがあります。メールフォームの拡張機能Inquiryのインストールです。(もちろんInquiryいらね!という方は以上で終了ですので、そのまま見に行ってください~)


アップロードした5つのフォルダのひとつ「app」フォルダのなかの「webapp」フォルダの中に、SoyCMSサイトからダウンロードしてきた「Inquiry_1.*.*」のなかの「Inquiry」フォルダをアップロードします。


SoyCMS管理画面にログインしてみましょう。Inquiryが登場していますね。もし「?どこ?」という方は、「データベースの更新」や「キャッシュのクリア」などをクリックしましょう。一度ログアウトしてログインしなおしてみるのも手です。

無事に出たよ!という方は、サイトを見に行く前にまずInquiryの設定をします!!!これが大変重要です!!!この順序を違えると、InquiryどころかSoyCMSも一度アンインストールしてインストールをやり直さねばならないという痛手を負うことになりかねません!!!たぶん誰もが一度は踏んだに違いないトラップ…(;'∀')


おそらく「お問い合わせ」メールフォームは必ず作ると思うので、項目はあとからいくらでも変更できますのでとりあえず作っておきます。ここで大事なのは、Inquiryにログインしとにかくフォームを作成して設定もしておくというところ。うっかり先にInquiryブロックをいれこんだページを開いてしまうと、あとからInquiryのフォーム設定画面などに入るとエラーとなってしまいます。もちろんお問い合わせページを作る直前に設定してもいいんですが、だいたいお問い合わせページの作成の頃は朦朧としていると思われますので、万が一失念してエラーになってインストールし直しとなったら泣くに泣けませんよね!


では、よいSoyワールドをお楽しみください!

[広告]

営業日カレンダーをホームページに載せる ブログTOP SoyCMSとInquiryのバージョンアップとサーバー移管
Hotentry
Blog Post
クリックして上に戻る