かよきせきデザイン|千葉のホームページ制作>kayokiseki-designブログ

レスポンシブでの画像やボタンについて

PCサイズからスマホサイズまで、様々なデバイスのブラウザ幅にあわせて、閲覧しやすいレイアウトをcssでコントロールしていく手法「レスポンシブデザイン」。googleのモバイルフレンドリー政策によってじわりじわりと広まりつつあります。しかしWebを巡回していると、特にWordpressのテンプレートを使用しているページでは、レスポンシブテンプレートに切り替えただけというケースがまま見られます。ネットショップでなければモバイルフレンドリー政策に焦る必要はありません。ゆっくり知識を身に着けてリニューアルの準備を整えましょう!今回は画像やボタンについて書きます!

続きを読む

SoyCMSのエディタ切り替えプラグイン

2014.08.20のエントリー「SoyCMSブログの体裁を整える」の番外編で少し触れたエディタ切り替えプラグインについて、今回は詳しく書きたいと思います。というのは少し設定方法が分かりにくいと感じるからです。

SoyCMS全般に言えることですが、取扱い説明がサックリしています。というのもSoyCMSは、開発者が欲しい機能や、欲しいと要望のあった機能を本業の合間にプログラムを書いて掲示板で紹介するという風にして実装機能が増えてきました。快くオープンソースにしてくれているだけでとてもありがたく、至れり尽くせりの説明書きなどは…分からぬことは調べるのは当たり前でそのためにフォーラムが用意されています。

わたしはSoyCMSが大好きなので、ぜひSoyを扱う皆さんの役に立てたらいいなと思っています!

続きを読む

SoyInquiryのレスポンシブ案

「モバイルフレンドリー」「スマホ対応」。

Web業界のリーディングカンパニー・Google社が推奨しているサイトデザインです。現在スマホ対応させる方法としては、1.javascriptでスマホ用サイトに自動遷移させる、2.cssでブラウザ幅にフィットさせる、主にこの2つが使われています。タブレット、ミニタブというPCとスマホの中間サイズも普及してきて、縦横切り替えなどいろいろな閲覧の仕方が考えられるので、ぜひモバイルフレンドリーサイトを持ちましょう!


今回はSoyCMSで「お問い合わせフォーム」に使用するプラグイン「SoyInquiry」のスマホ対応について書きたいと思います。

続きを読む

twitterのヘッダー画像の設定をしよう

サービス業の広報にtwitter、Facebook、Google+、InstagramなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を使用するのは、もはや珍しいことではありません。

ホームページを見る場合、閲覧者は検索してアクセスをするという「主体的動機」を経て至るのに対して、SNSは一度フォローしておけば閲覧者の画面に自動的に投稿が流れ込むという「受動的動機」でアピールすることが可能です。

またホームページがオフィシャルな会社の顔としての役割を果たす広告媒体だとすると、SNSは会社の一員である運用者が個人の顔を出しつつ日常の出来事を投稿するフランクなものという共通認識がユーザー間に出来ています。

続きを読む

スピードプラン【ショップ向け】のデザイン更新

飲食店や路面店向けのデザインであるスピードプラン【ショップ向け】のテンプレートのデザインをリニューアルいたしました。


Googleのモバイルフレンドリー政策で今後はよりスピードをもって、Webサイトはスマホ対応していくことと思います。

ホームページは飲食店や路面店営業には欠かせないツールです。飲食店であればメニューや価格帯や座席数はホームページで調べてから行くのが当たりまえの時代です。ぜひ簡単に更新できるSoyCMSをベースに構築したこちらのプランで、ちゃんとスマートフォンで見られるホームページを持っていただきたいと思います。


続きを読む

スピードプラン【クリニック向け】のデザイン更新

クリニックや塾・教室向けのデザインであるスピードプラン【クリニック向け】のテンプレートのデザインをリニューアルいたしました。


Googleのモバイルフレンドリー政策で今後はよりスピードをもって、Webサイトはスマホ対応していくことと思います。

ホームページはクリニックや塾・教室運営には欠かせないツールです。電話番号や住所はもちろんのこと、営業時間やサービスの内容も「まずホームページで比較検討してから」という業種ですね。ぜひ簡単に更新できるSoyCMSをベースに構築したこちらのプランで、ちゃんとスマートフォンで見られるホームページを持っていただきたいと思います。


続きを読む

Facebookページのリーチ率

Facebookをビジネスに使う時、一般的にFacebookページを作るものだとされています。実際お客様からも「みんなやっているけれど、やるべきかどうか」という相談を受けます。さて、みなさんはどう答えますか?


FacebookはSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の中でも、新たなサービスを次々に打ち出したり、UI(ユーザーインターフェイス)を変える性質があります。特に株式上場してからは、利益主義へ体質を大きく変えようとしています。実際課金していないFacebookページからの投稿のリーチ率(タイムライン出現率)はかなり厳しいものがあります。もしかするとまだ「すべての投稿はいいね!をしてくれている人に届いている」と思っている方もいるかもしれません。


今回はFacebookページのリーチについて独自に調べた結果と、「リーチ率をあげるのであればお互い商売なのだから広告費はかけよう」というFacebookの考えは言われてみれば確かにその通りですので、その方法について紹介します。

続きを読む

モバイルフレンドリーが検索優位に!

2014/11/27に書いたエントリー『モバイルフレンドリーとは?』で訳しました

ぶっちゃけ『モバイルフレンドリー』かどうかをサイト評価にも反映させようって実験もしてるからお楽しみにwwwwww

が、いよいよ現実になります。


このブログに「モバイルフレンドリー」で検索してこられる方が年末年始に急に増えました。今もっともWebで注目度の高いキーワード「モバイルフレンドリー」。それについては2014/11/27のエントリーをご覧いただくことといたしまして、今回アナウンスされたその続報について今回は取り上げます。

続きを読む

カラーミーのデザインを遊ぶ

レンタルサーバー「ロリポップ」は、ネットショップサービス「カラーミーショップ」の無料版である『カラーミーショップforロリポップ』が使える特典がついてきます。しかし、有料版と比べていくつかの機能制限があります。


■制限がある部分(一部重要なところのみ)

1.使用できるテンプレートが少ない。
2.背景色などデザインアレンジができない。
3.支払方法が3つ、配送方法が1つしか設定できない。
4.商品の説明文に画像を使用できない。


テンプレートがたくさんあってもレスポンシブ以外は無用ですし、軽いのが一番なので余計なデザインはいりません。また支払・配送方法を豊富にしたいなら有料プランにすべきですし、説明文を画像で作成するのはそもそもNG。


ということで無料で充分なんですが、ちょっとはオリジナリティを出したい…。今回はデザイン変更のできない『カラーミーショップforロリポップ』でデザインを楽しもう、というエントリーです。

続きを読む

SoyCMSで管理者を増やす方法

SoyCMSはインストール時に登録したIDが初期管理者(最高責任者)となります。初期管理者は、サイトの作成削除・ページの作成削除・HTMLやCSSの編集など、すべての作業を行うことができる最高権限を持っています。


ホームページの運用では、複数人体制でサイトの作成削除・ページの作成削除・といった重要な管理を行うことは少ないかもしれませんが、例えばサイト構築を外注する、スタッフブログを社員みんなで書くなどの運用はよくあることでしょう。もちろんSoyCMSでも、複数のIDを発行して共同管理を行うことができます。今回は、その機能設定や注意点についてご紹介します。

続きを読む

ここは8ページ中5ページ目です

   << 3 4 5 6 7 >>