自分でできる簡単更新!オリジナルのホームページ制作ならkayokiseki-design
 

SoyCMSブログの体裁を整える

とても更新管理の便利なSoyCMSですが、WYSIWYGに少しだけ癖があります。HTMLを書くことのできる人にとっては煩わしい機能と感じることもあるでしょう。


わたしのブログの書き方は、


  1. WYSIWYGでいっきに文章を書きあげ、画像もリンクもすべて配置して、プレビューでチェック
  2. タグ入力画面に切り替えて、体裁を整えるためのHTMLを書き直す。プレビューでチェック

という感じです。やはりWYSIWYGは作業が速いからです。ほとんどのブログツールでは、タグ入力画面とWYSIWYG画面を切り替えることができるようになっています。

 

コピーライトの書き方2014

ページの最下部につけるコピーライト。昔はずいぶん長いものがメジャーでしたが、最近は軽めのものが増えてきました。

かくいう私も長いのは好きではないので、「©2014 kayokiseki-design」とたったこれだけにしています。


メインコンテンツは見ても、このコピーライトに注視するかたはほとんどいないと思うのですが、制作側としては気になるもので、どんな感じにみなさん作っていらっしゃるのか見てみました。

 

レスポンシブの基本のき

今さらですが、この「レスポンシブデザイン」、Webサイトとして実験的な段階から、検証的にでも導入する企業が増えてきたので、触れたいと思います。その意味は数多くより詳しく説明してくれているサイトがすでに多くありますのでそちらにお任せすることに!


当サイトもリニューアルとともにレスポンシブに変えました。基本的に留意することは大きくふたつです。

1.デバイス(ネットを閲覧する機器)の幅を念頭に置いてデザインやカラム割をする。

2.画像はスマートフォンでもPCブラウザでも見て問題ないものを採用する。


それでは詳しく考えていきましょう。

 

SoyCMSでお知らせを投稿する

SoyCMSの管理画面で、分かりやすく更新できるスマートステップについては、

SoyCMSでコピーライトを変更する」をご参照ください。


わたしの出しているスピードプランのテンプレートでは、クリニック向けもショップ向けも、トップページにお知らせのタイトルが載るようになっています。タイトルにはサイト内リンクが張られており、クリックするとお知らせブログにとぶというものです。


今回は、このお知らせブログの投稿の仕方についてご案内します。

SoyCMSはWYSIWYGに対応していますので、簡単に分かりやすいお知らせが作成できます。

※WYSIWYG…What You See Is What You Get(見たままが得られる)の略で、HTMLやCSSを知らずとも見栄えを装飾できる管理画面の機能。

 

レスポンシブでの画像やボタンについて

PCサイズからスマホサイズまで、様々なデバイスのブラウザ幅にあわせて、閲覧しやすいレイアウトをcssでコントロールしていく手法「レスポンシブデザイン」。googleのモバイルフレンドリー政策によってじわりじわりと広まりつつあります。しかしWebを巡回していると、特にWordpressのテンプレートを使用しているページでは、レスポンシブテンプレートに切り替えただけというケースがまま見られます。ネットショップでなければモバイルフレンドリー政策に焦る必要はありません。ゆっくり知識を身に着けてリニューアルの準備を整えましょう!今回は画像やボタンについて書きます!

 

SNSビッグ3のボタンをブログに置こう

ブログをより多くの人に読んでもらうには、読んでくれた方が「面白い」と感じたときに手軽にソーシャルネットワークサービス(以下SNS)にお知らせできるよう「ボタン」を設置したいもの。


各種無料ブログにもソーシャルプラグインは用意されていますが、各社とも置きたいSNSがなかったり、また置きたくないSNSがあったりしませんか?簡単ですので、以下のSNSビッグ3の設置をしてみましょう。

  • twitter
  • facebook
  • Google+
 

SoyCMSでコピーライトを変更する

わたしがSoyCMSに比重を置くのは、なんといってもその自由度の高さなのですが、日本発のCMSということもあって、日本のフリーブログを書いたことのある方ならとても理解しやすいデザインの管理画面となっています。


Wordpressの管理画面はシックでシンプルでハイセンスではありますが、管理画面の中で迷子になってしまう感じがします。管理画面なのですから分かりやすいことにこしたことはなく、納品後の更新作業をお客様がなさる場合は、それが最大のポイントと言ってもいいと思うのです。


今回はその管理画面で、分かりやすく更新できるスマートステップをお見せします。一例として、フッターのコピーライトの西暦を変更してみたいと思います。

 

2014年大手サイト制作幅

Win95の時代800*600のディスプレーの幅から始まり、2000年代の1280幅から今は1680幅を越えるものがパソコンでは主流になりました。その一方でタブレットという小型ディスプレーもある現在、いったいどれくらいの幅で制作するとよいのでしょうか。


ということで、各業界の大手サイトを覗いてみることにしました。

 

Just another WordPress.com

昨今はWordpressが大流行です。無料配布テンプレートも多く出ているので、FC2やamebaなどのフリーブログではなく、Wordpressで個人のブログを行っている方も多いようです。


わたし自身は、個人ブログであれば無料のFC2やamebaがお勧めなのですが、それについてはまた後日書きたいと思います。


前回、「Just another WordPress.com site」がそのまま…というお話をして、いったいどれだけそのままなのかと検索してみると、すごい量の「Just another WordPress.com site」にヒットします。

 

ホームページをリニューアルしました

「モバイルファースト」という言葉が、Web制作者の間で合言葉になった2014年。

レスポンシブデザインで、かつCMSを使った更新しやすいホームページを主力にすることにしました。


どんなデバイスからでも最適な閲覧を可能にしつつ、

昨今の流行りであるCMSを導入し、

そしてわたしの持ち味であるオリジナリティもそのままにする。

これは少し難しいのかなと思っていました。

ここは8ページ中8ページ目です

<< 4 5 6 7 8 >>
Hotentry
Blog Post
Archives
クリックして上に戻る