自分でできる簡単更新!オリジナルのホームページ制作ならkayokiseki-design

  

SoyCMSでコピーライトを変更する

わたしがSoyCMSに比重を置くのは、なんといってもその自由度の高さなのですが、日本発のCMSということもあって、日本のフリーブログを書いたことのある方ならとても理解しやすいデザインの管理画面となっています。


Wordpressの管理画面はシックでシンプルでハイセンスではありますが、管理画面の中で迷子になってしまう感じがします。管理画面なのですから分かりやすいことにこしたことはなく、納品後の更新作業をお客様がなさる場合は、それが最大のポイントと言ってもいいと思うのです。


今回はその管理画面で、分かりやすく更新できるスマートステップをお見せします。一例として、フッターのコピーライトの西暦を変更してみたいと思います。

[広告]


まず管理画面URLにアクセスすると、ログイン画面はこのようになっています。

ソイログイン


ログインIDとパスワードを入力すると、「ようこそSOYCMSへ」といういわゆる「CMS管理画面」に入ります。SoyCMS自体は、無限にサイトを増やすことが出来ますので、仮に複数サイトを作っている場合は、この画面でどのサイトにログインするかを選びます。わたしは「ホームページ制作」とタイトルをつけたサイトに入ります。

※URLはぼかしをかけています。

CMS管理画面


サイトの管理画面です。投稿方法はいくつかありますが、もっともスマートな方法は、まず【記事】というタブを使用します。

そうして現れるのが、このようにフォルダアイコンがずらりと並んでいる画面です。ここでつい目立っている「記事の新規作成」をクリックしてしまいそうですが、そこは使いません。

ラベル選択


「ラベルで絞り込み」のところから、更新したいラベルを選びます。今回はフッターの年号の上書き修正ですから、既にある記事を編集しますので、「新規作成」はクリックせずにその上の「footer(1)」をクリックします。これは、「footerというラベルの付いた記事は1つ存在する」という意味です。

フォルダ選択

ちなみに、「ラベル」というのはSoyCMSでとても重要な働きをしているものです。一言では説明できないので、今回はひとまず置いておきます。


すると記事一覧画面に進みます。ここのタイトルをクリックすると編集画面に進みます。今回、Footerのフォルダには1記事しかありませんので、そのタイトル「年が改まったら…」をクリックします。

記事を選ぶ


すると、フリーブログを書いたことのある方にはおなじみのwiziwig画面です。Wordを扱ったことのある方ならば、どのアイコンがどういう働きをするのかもおおよその察しはつくかと思います。

西暦の下一桁だけ変えてあげればいいですね!編集したら、【更新】をクリックします。これで年が改まったときの作業は終わりです。

記事の上書き


いかがでしょうか。今回はもっともシンプルなコピーライトの年号の更新の方法について見ていただきましたが、例えば、「スピードプランクリニック向け」で、クリニックの医師紹介ページで新しい先生を加える時や、「スピードプランショップ向け」で、掲載メニューや商品を増やす時も、「ラベルで絞り込み」のところから更新したいラベルを選ぶのが基本の操作です。

[広告]

2014年大手サイト制作幅 ブログTOP SNSビッグ3のボタンをブログに置こう
Hotentry
Blog Post
Archives
クリックして上に戻る